<   2007年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

(15) こぶし(辛夷)

モクレン科。北海道から九州に分布する落葉広葉樹の高木。
ハクモクレンとの違いは、花の下に小さな葉が付いていること。
f0133013_14514581.jpg
f0133013_1452219.jpg
f0133013_14521731.jpg

撮影:2007年4月22日 佐久市 臼田(自宅の裏山で)
例年になく、コブシの花が沢山咲いていました。今年はきっと、豊作になることでしょう。
f0133013_2036439.jpg

撮影:2007年5月6日 南佐久郡小海町 稲子
コブシと山桜の競演がみごとでした。
[PR]
by masa-tomi-mari | 2007-04-22 14:53

(14) バルーンも佐久の花

今年も佐久バルーンフェステバル(15回目)が5月3日から三日間行われます。
会場付近は混雑しますので、私は毎年、近くの公園で眺めています。
(写真は昨年のものです)
f0133013_19242392.jpg
f0133013_19245146.jpg
f0133013_19313743.jpg

撮影:2006年5月4日  佐久市今井 東電調整池
丁度池畔のしだれ桜が見ごろになります。ユキヤナギの白との配色も見事です。
夕方の散歩も素敵ですよ。夢の世界のようです。
f0133013_202046.jpg

撮影:2007年5月5日  佐久市 桜井
蓼科牧場から大河原峠に行く途中で残雪の中からフキノトウを採るつもりで家をでました。
途中、寄り道して会場の対岸からバルーンを眺め写真にも納めました。
蓼科山の登山口から上は、冬のままで道路は閉鎖、大河原峠には行けませんでしたが、
フキノトウはまずまずの収穫、てんぷら、ふきみそで堪能しました。
[PR]
by masa-tomi-mari | 2007-04-21 19:26

(13) スズランスイセン(別名:スノーフレーク、オオマツユキソウ)

ヒガンバナ科。ヨーロッパ中、南部原産(観賞用として栽培)。葉はスイセン(ヒガンバナ科)に、花はスズラン(ユリ科)に似ている。花弁の先に緑色の斑点が入るのが特徴。
f0133013_19444654.jpg
f0133013_19451332.jpg
撮影:2007年4月18日  佐久市 下小田切
私は、しばらくの間、スイセンに混じってスズランが咲いているなと思っていた。
スイセンとスズランは別種の花なので合いの子も出来ないらしい。
 不思議な花ですね。
[PR]
by masa-tomi-mari | 2007-04-19 19:46

(12) カタクリ (別名:カタゴ、カタカゴ)

ユリ科の多年草。北海道、本州、四国、九州に分布。
森や林の中の日陰を好む。ギフ蝶が密を吸う花として知られる。
花が終わると地上部から消える。昔は球根から片栗粉を採った。
f0133013_18452526.jpg

f0133013_18455266.jpg

f0133013_18461652.jpg

 撮影:2007年4月15日  北佐久郡 立科町  津金寺(信濃の談義所)
山野草の寺で、カタクリの花を見てきました。野草祭りと、休日が重なり、賑やかでした。
通路にロープが張られ、撮影の基本の「一歩前進」が適わず残念でした。
花を守るためには、仕方のない事なのでしょうが、ちょっと寂しい気もしました。
ニリンソウ、ヤマエンゴサク、アズマイチゲなども見ごろでした。
 
 万葉集より 
 
  「もののふの 八十娘(やそおとめ)らが 汲み乱(まが)ふ 
 
  寺井の上の 竪香子(かたかご)の花」  大伴家持

幸せな一日でした。
[PR]
by masa-tomi-mari | 2007-04-15 18:39

(11)ホトケノザ(仏の座) 別名:三階草

シソ科の一年草本。本州から沖縄に分布。畑や道ばたに普通に生育する。
ホトケノザとは仏様を安置している台座(蓮華座)のことで、葉の付き方から連想した。
春の七草のホトケノザは別種のタビラコのこと。
f0133013_2140043.jpg

撮影:2007年4月12日 佐久市臼田 
畑一面のホトケノザ。懐かしいレンゲソウ畑と良く似た景色に魅せられ、シャッターを切った。
レンゲソウの花の中で、転がって遊んだ子供の頃が懐かしい。
4月27日 今日、この畑にトラックターが入っていました。ちょっとさびしい気がしました。
f0133013_2125211.jpg
撮影:2007年4月12日 佐久市高柳 千曲川左岸
梅とホトケノザの花が一緒に見られた。ピンボケ写真ですいません。
f0133013_21262874.jpg
撮影:2006年4月26日 佐久市小田切
用水路のホトケノザ。葉が三段に出ていることから、三階草の別名がつけられた。
右端にヒメオドリコソウが見えます。ホトケノザと仲良しのようですね。
[PR]
by masa-tomi-mari | 2007-04-12 21:27

(10) ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)

シソ科。一年生の草本で、道端に群生して、無造作に咲いている。
ヨーロッパ原産の帰化植物。
花を横から見ると、着物姿で編み笠をかぶった踊り子のように見える。
背丈は20cmほどで、在来のオドリコソウ(50cmほど)と区別される。
f0133013_821926.jpg

撮影:2007年4月5日  佐久市鍛冶屋 千曲川左岸

30回位シャッターを切ったでしょうか 、 ようやくこの一枚にたどり着きました。 これからも挑戦してみます。もっと良い写真が撮れたら差し替えます。
右上の雑木(ニセアカシア)の陰に、浅間山と千曲川が見えます。
NHKのラジオ深夜便で知りました。4月7日の誕生日の花は「ヒメオドリコソウ」、花言葉は
「快活」だそうです。グッドタイミングでした。
[PR]
by masa-tomi-mari | 2007-04-06 08:03

(NO、9)ウメ

ウメ科の落葉高木。中国原産。品種は300以上。早春開く花は、白,淡紅、紅色などで
香りが良い。
f0133013_1910455.jpg
f0133013_19195488.jpg
f0133013_1923388.jpg
撮影:2007年4月1日  佐久市今井  東電調整池
足に怪我をして、10日ほど歩けなかったチビを連れて、いつもの公園に行ってきました。紅梅が満開でしたが、チビはあまり元気がありませんでした。完治までもう少しかかりそうです。
黄砂の影響でしょうか、ここ数日どんよりした空です。気分も冴えません。
[PR]
by masa-tomi-mari | 2007-04-01 19:12