(11)ホトケノザ(仏の座) 別名:三階草

シソ科の一年草本。本州から沖縄に分布。畑や道ばたに普通に生育する。
ホトケノザとは仏様を安置している台座(蓮華座)のことで、葉の付き方から連想した。
春の七草のホトケノザは別種のタビラコのこと。
f0133013_2140043.jpg

撮影:2007年4月12日 佐久市臼田 
畑一面のホトケノザ。懐かしいレンゲソウ畑と良く似た景色に魅せられ、シャッターを切った。
レンゲソウの花の中で、転がって遊んだ子供の頃が懐かしい。
4月27日 今日、この畑にトラックターが入っていました。ちょっとさびしい気がしました。
f0133013_2125211.jpg
撮影:2007年4月12日 佐久市高柳 千曲川左岸
梅とホトケノザの花が一緒に見られた。ピンボケ写真ですいません。
f0133013_21262874.jpg
撮影:2006年4月26日 佐久市小田切
用水路のホトケノザ。葉が三段に出ていることから、三階草の別名がつけられた。
右端にヒメオドリコソウが見えます。ホトケノザと仲良しのようですね。
[PR]
by masa-tomi-mari | 2007-04-12 21:27
<< (12) カタクリ (別名:カ... (10) ヒメオドリコソウ(姫... >>